子ども部屋の間取り

最近の間取りのトレンド

最近の子供部屋の傾向としては、子供が成長してきて物が増えても対応できるように、高機能の家具を選んだり、レイアウトが自由な間取りにしたりするのがよく見られます。 かつて見られた典型的な子供部屋の場合は、その多くが四角い部屋で机やベッドが壁に沿って配置されていました。また、複数の子供たちが一つの部屋に住む場合は、三段ベッドや大きい机がひしめいていて、少し狭い感じになることもしばしばでした。 近頃の子供たちの部屋は、以前の子供部屋と異なってきています。より広いスペースで自由な設計がされているものが増えており、部屋の見た目についても、配色にポップなピンクや黄色を取り入れたり丸い形のベッドが置いていたりします。

こういった工夫ができる

では、実際にどのような部屋のレイアウトや家具の配置の工夫ができるのでしょうか。
例えば、コンパクトながら収納力のあるセット家具やはめ込み家具などは、子供部屋のメイン家具として人気の高いものです。また、小さい時はお絵かきができて少し成長したらポスターなどをはれるように、広い壁やホワイトボードなどを間取りに加えるのも良いアイデアです。あと、部屋のすべてを自由設計にしなくても、一部の家具を最新の斬新なデザインのものにするだけでも、子供部屋の印象を大きく変えることができます。
このように、近頃の子供の部屋のトレンドでは、子供の変化に合わせて柔軟に収納や見た目を変えられる家具や間取りにすることが増えてきています。

狭小住宅とは、狭い土地に建てられる小さな住宅のことで、5坪から15坪ほどの広さに建てることになりますが、空間をうまく利用することで、色々な間取りを実現することが可能です。

© Copyright An Order Housing. All Rights Reserved.