リビングの間取り

住む人の個性によって変わるリビング

リビングが快適だということは、その家が居心地のいい家であるといえます。今の主流はリビングダイニングのリビングとキッチンが同じ空間にあるタイプのようです。
小さいお子さんがいるご家庭では、キッチンで料理をしながら、リビングで遊ぶ子供に目が届く間取りがおすすめであったり、ホームパーティーをよくするご家庭では、作る人が孤立しないで来客と一緒に作業ができる、参加型のシステムキッチンが中心のオープンな造りのリビングだったりします。子供も独立して夫婦ふたりになり改築をする場合だと、バリアフリーで動線がスムーズな、コンパクトな間取りに変更するのも良いでしょう。住む人のライフスタイルや、趣味趣向によってリビングの間取りを自由に選ぶことができるのは、注文住宅の魅力です。

失敗しない間取りにするためのポイント

快適なリビングの間取りにするために、注意したいポイントがいくつかあります。 まずは、リビングダイニングにするか、キッチンを別にした独立したリビングにするかです。最近の主流はリビングダイニングですが、台所を見せたくない人であったり、片づけが苦手な場合独立していたほうがよいでしょう。 また、リビングをきめる際、玄関から丸見えにならないような配置も大事です。トイレの位置もリビングに音がもれない配置にきをつけましょう。 広いリビングであっても家具を置く壁が少なすぎると、住んでから気に入った家具を置けないばかりか、コンセントの数が足りず、不便な生活を強いられることにもなりかねません。そんな事にならないよう、リビングの間取りを作る際、何をどこに配置するのかシミュレーションをしておくとよいでしょう。

建築実例は、注文住宅や新築マンションの購入時に大事なポイントとなるため、住宅メーカーや管理会社を通じて確認をする必要があります。

© Copyright An Order Housing. All Rights Reserved.