内装のデザイン

内装を決めるならまず床から決めよう

内装のデザインを考えるにあたり、どんなものがいいのか、あらかじめチェックしておきましょう。事前にカタログをチェックして利用するのもいいですし、モデルハウスを参考に内装を選ぶこともおすすめです。
ただ、できたら床材から選んだほうが、後の部分を決めやすいといわれているため、最初に床のイメージをしっかりしておきましょう。フローリングにするのか、人工大理石にするのか、クッションフロアにするのかによって、仕上がりのイメージが大きく異なるからです。また、壁や天井に使うアイテムによっても、どんなものがいいのかはっきりさせられるといいます。
見た目だけではなく、掃除のしやすさや直接足で踏んでみたときの感触、予算などから決めましょう。

壁面を決める時は触って決めよう

床が決まったら、床の相性に合わせて天井や壁紙を決めてください。床のイメージがしっかりしていれば、おのずから相性のいい壁紙や天井がわかるといいます。ただビニールの壁紙を張るだけではなく、漆喰や木質系など、多様な壁面素材があるため、相性のいいものを選びましょう。
アレルギーのあるお子さん向けに床材や壁面に天然素材を使う人も少なくありません。お子さんの体質などをも考えて選ぶことが、住み続けて快適な家造りにつながります。
どんなものがいいのかわからない時には、モデルルームで直接触れることや、サンプルを用意してもらって直接色やデザインを確認することです。家族全員で触ってみて、相談して納得できるものを見つけましょう。

© Copyright An Order Housing. All Rights Reserved.